​くろもじ桃饅頭

"仙人の果実"として尊ばれてきた桃をかたどった桃饅頭。
​生地には水の代わりにくろもじ茶を使い、桃のみずみずしい色を演出するために sunshine juiceの自然レメディ"ビーツ"を使用しています。

1213 79.jpg

材料

・薄力粉 100g

・ドライイースト 1.5g

・きび砂糖 小さじ1

​・塩 小さじ1/2

・くろもじ茶 50g

・太白ごま油 小さじ2

・打ち粉用強力粉 適宜

・自然レメディビーツ、スギナ

 

蓮容餡

乾燥蓮の実 50g

麦芽糖 15g

ピーナッツオイル 15g

​くろもじ茶 200g

​(準備)蓮の実はたっぷりの水に一晩漬けておく

1.一晩水に漬けて柔らかくなった蓮の実を半分に切り、真ん中に緑色の芯があれば取り除いておく

​2.鍋にくろもじ茶200gと蓮の実を入れ30分煮て、麦芽糖を加えフードプロセッサーでペースト状にした後、裏ごしして再度鍋に戻し、ピーナッツオイルを加えてへらでよく混ぜながら水分を飛ばす。粗熱が取れたら乾燥しないように布かラップをかぶせて冷蔵庫で冷やしておく

​3. ボウルにふるった薄力粉、きび砂糖、塩、ドライイーストを入れ、くろもじ茶を少しずつ入れてまとまってきたら太白ゴマ油も加え生地がなめらかになるまでしっかりこねる。

4.生地を1個20gに分け、打ち粉をふった台の上で6㎝くらいの大きさに丸く伸ばす。10g分の餡を丸くまるめて生地で包む。閉じ目を下にして桃の形に成形したら、固く絞った濡れふきんをかけて30~40分程発酵させる

5.強火の蒸し器で約10分蒸す。

​6最後に自然レメディ0.5gを温かいくろもじ茶2gで溶いたもので色をつける